­

2019-06-13
カテゴリトップ > ギター/ベース関連製品 > アンプシミュレーター
Two Notes TORPEDO LiveTwo NotesのTORPEDO Live(トーピド・ライブ)は、フランス生まれのデジタル・ロードボックスです。多くのミュージシャンはアナログのアンプやエフェクターでプレイするのが大好きで、妥協してデジタルのモデリングとかでプレイしたくないですよね?そういう人たちに代わり、TORPEDO Liveでは、複雑な反響を考えなければいけないマイキングをバーチャルで行い、いままでのシミュレーターでは得られない本物のサウンドを生み出します。ミュージシャンは、スピーカーを繋ぐ代わりに本機を繋ぐだけ。アンプはいつものセッティングでOK。お気に入りのエフェクト・ペダルもそのまま使えます。

本機のLINEやS/PDIFアウトからは、まるで本物のスタジオで録った様なサウンドを出力します。アンプから大きな音を出さずにすみ、大きくて重たいキャビネットを準備する必要もありません。

勿論、Liveの名が表すようにライブでも活躍します。ステージで使う場合は本機にスピーカー・キャビネット繋げられます。こうすれば、キャビネットから音を出しつつ、マイクで録ったようなサウンドをミキサーやレコーダーに送れます。

更に、アンプヘッドではなくプリアンプを接続しても使えます。この場合は、スピーカーとマイクに加え、パワーアンプ・シミュレーターも使えます。

TORPEDO Remoteソフト
TORPEDO Remoteソフトを使えば、本機に新しいキャビネットのインパルス応答(IR)を追加できます。まず、パソコンに、Two NotesのWEBサイトでソフトをダウンロードします。USBで繋げば、パラメーターを変える、キャビネットやインパルス応答(IR)のファイルを適用する、アップデートする等、本機を管理できます。

ロードボックスとは?
真空管アンプを使用する時は、電源を入れる前に、スピーカー・キャビネットを繋ぐ必要がありますが、ロードボックスを使ば、スピーカーを繋がなくてもアンプを使えます。

◉主な特長
45種類のスピーカー・キャビネット
22種のギター用スピーカー・キャビネット(初期設定)
11種のギター用スピーカー・キャビネットを専用ソフトでダウンロード可
10種のベース用スピーカー・キャビネット(初期設定)
2種のベース用スピーカー・キャビネットを専用ソフトでダウンロード可
8種類のマイク
8種類のパワーアンプ

リアルなキャビネットシミュレーターを搭載する、多機能なデジタル・ロードボックス【3月は1ヶ月ず〜っとポイント3倍!】
価格
84,240円 (税込) 送料無料
お取り寄せ/お問い合わせ時点納期ご連絡
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便